バカラの税金と知識

バカラの税金

バカラの税金バカラの控除率(ハウスエッジ)とは?ミニバカラの特徴、配当、基本ルール

バカラで勝った賞金は一時所得として計上され、確定申告によって税金を納める必要があります。

一時所得とは「営利を目的とした継続的な行為から発生した所得以外の所得」を指します。懸賞金・賞金・競馬等の払戻金などが該当します。

一時所得 = 総収入金額 - 収入を得るために支出した金額 - 特別控除額(50万円)
算出された一時所得金額の1/2が給与所得などと合算され、総合課税の対象となります。

さらにオンラインカジノならではの注意点があります。

①負けた場合のマイナスは合算できない
例えばある日バカラで100万円の利益が出たとします。ところが次の日100万円の損失が出てしまいました。
この時収支はプラスマイナスゼロですが一時所得は損失分を合算できないため100万円を収入として計上しなければなりません。


②収入が確実に記録に残る
オンラインカジノで得た収入は電子決済サービスにより指定した口座に送金されます。つまり確実に記録が残るということであり、税金を収めないと行政処分が行われる可能性があります。

仮想通貨とオンカジってホント相性いいよなー

— ギャンブル太郎 (@TaroGamble) September 19, 2021