バカラの税金と知識

バカラの控除率(ハウスエッジ)とは?

ルーレットのプロルーレットで生活

控除率はハウスエッジとも言い、ギャンブルの運営元である胴元の取り分のことを指します。もっと分かりやすく言えばカジノの利益です。
バカラのハウスエッジは1%~2%であり、世の中にある様々なギャンブルと比べてもかなり良心的な数値であると言えます。
例えばルーレットは約5%、スロットは3%~15%です。このように各ゲームのハウスエッジを予め知っておくとカジノで稼げる可能性が上がります。
なぜなら、バカラのハウスエッジは掛け金から差し引かれるカジノの利益なので、これが小さければ小さいほど掛け金が守られるということが分かるからです。
ATMの手数料をイメージしてみてください。手数料100円の銀行Aと500円の銀行Bがあったとしたら、銀行Aを選んだほうが特だと誰だって思いますよね。
カジノ運営も商売の1つですので、儲からなければ続けていくことができません。そこでカジノに訪れた人たちから少しずつハウスエッジを頂いて、運営資金に充てているというわけです。

バカラの税金バカラの控除率(ハウスエッジ)とは? ミニバカラの特徴、配当、基本ルール